オンラインで教養教育を学ぶ新入生のみなさんへ

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、大学への入構が制限されています。そのような中、新入生を対象に、自宅からアクセス可能な、教養教育を学ぶために有益なサイトを紹介します。

(1)名古屋大学附属図書館の学習支援策

名古屋大学附属図書館のサイトには、「学外からの電子リソースの利用」という学習支援策が設けられています。「名古屋大学附属図書館のトップページ」にある「資料を探す」「電子リソース(学内者向け)」「学外からの電子リソース利用」と進んでください。

名古屋大学附属図書館

「学外からの電子リソース利用」では、様々なデータベースや電子書籍が紹介されています。今回は、教養教育を学ぶ新入生を対象に、次の二点を推薦します。

①Maruzen eBook Library

②朝日新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」

①Maruzen eBook Library

Maruzen eBook Libraryは、学術書に特化した電子書籍配信サービスで、試読できるものもあります。キーワードを入力すると、関連文献が表示されます。

Maruzen eBook Library
Maruzen eBook Library

②朝日新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」

「聞蔵Ⅱビジュアル」は、キーワードを入力すると、関連する過去の新聞記事を閲覧できます。テキスト形式でも表示できます。また、紙面を再現したPDF形式でも表示できます。

朝日新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」
聞蔵Ⅱビジュアル

(2)新書マップの学習支援策

教養教育を学ぶ入口として、多くの授業では新書を読むことが推奨されます。ここでは、自分の問題意識に合わせてキーワードを入力すると、関連する新書を紹介してくれる「新書マップ」というサイトを紹介します。

新書マップ
新書マップ

例えば、現在関心が高まっている「感染症」というキーワードを入れて検索すると、次のように表示されます。そこでは「ウイルス」「現代の感染症」「インフルエンザ」など、より具体的なキーワードが表示されます。今回は「現代の感染症」をクリックしてみましょう。

新書マップ(感染症)
新書マップ(感染症)

「現代の感染症」をクリックすると、関連する新書本が次のように表示されます。

新書マップ(リスト)
新書マップ(リスト)

例えば、本棚に表示された『人類VS感染症』という新書が気になったのでクリックすると、その概要と目次が次のように表示されます。

新書マップ(人類vs感染症)
新書マップ(人類vs感染症)

新型コロナウイルスの影響で、在宅学習が余儀なくされています。そのような中、新入生の皆さんには、自分の問題意識を出発点にして、主体的に学ぶ姿勢を身に付けて欲しいです。気になるキーワードを「新書マップ」に入力して、何か1冊、学問へのいざないとしての新書を読んでみませんか。