no-image

全学教育棟で行う遠隔授業について

全学教育棟でのハイブリッド授業対応

2019年4月より岐阜大学等との遠隔講義・収録・配信の可能なビデオ会議システムVidyoを導入しており、300名までLIVE配信可能となっています。システム導入していない講義室は、Teamsでのハイブリッド授業(対面+遠隔)を行えるように講義室を随時更新しています。全学教育棟本館は、有線LANを用いることにより、Teamsでも安定した配信ができます。
下記実施事例を参考にしていただき、事務室へご相談ください。

実施事例

多講義室使用の事例

受講者数が教室の収容人数より多い場合、1教室を対面授業として設定し、別教室をサテライト講義室として設けることができます。

TeamsとVidyoを使用した事例

2021年度春学期 通常講義(物理学基礎1)

ZoomとVidyoを使用した事例

2021年9月7日~10日 愛媛大学理学部 現代の量子論(代数的量子論と量子測定理論)
2021年3月2日~3日 千葉大学 現代の量子論 (基礎物理学特別講義Ⅳ)
2020年9月23日~25日 大阪市立大学 電子・物理工学特別講義

配信用動画作成事例

2020年 春学期 Basic Mathematics

実験事例

2020年 春学期 物理学実験

会議システム(Vidyo)を用いた事例

2019年11月~2020年1月 名古屋大学 数理・データ科学教育研究センター 実践データサイエンティスト育成プログラム
2019年秋学期 G30 for Everybody : Studium Generale
2019年春学期 G30 for Everybody : Studium Generale
2019年5月31日 岐阜大学 第9回教養講演会
2019年4月 名古屋大学・岐阜大学 英語部会合同FD

Vidyoについて

全学教育との講義室に設置されているVidyoの画質は4Kにも対応しており、遠隔授業(特に板書)でも鮮明に録画・配信されるため、配信先で視聴している方もストレスフリーで授業等をうけることができます。講演会等のストリーミング中継にも利用可能です。
本システム(Vidyo)の基本はテレビ会議システムであるため、画質の良いVidyoをTeamsと連携することで、円滑な授業を提供することが可能です。

1.教室同士を結んでの授業 : 名古屋大学の教室と岐阜大学の教室双方を結んでの双方向のやりとりが可能です。プロジェクタで提示される資料を遠隔地でも同じように提示出来ます。 板書ではなく、スライドを用いた講義であれば講師が目の前にいるか、遠隔地にいるかだけの違いになります。

2.出前授業 : ネットワークとPC,iPad,スマホ等があれば遠隔地から出前講義を行う事が可能です。 教室に接続する為に特別な設備は必要ありません。授業の中で遠隔地からの中継をお願いしたり、活用事例は様々です。

3.遠隔地からの授業参加 : 教室のシステムに接続するために特別な設備を必要としないため、誰でも簡単に遠隔地から授業に参加出来ます。※1

4.会議の開催 : テレビ会議システムとしての機能も使用でき、多地点接続の会議にも利用できます。名古屋大学と岐阜大学との日常的な会議を本システムを用いて開催も出来ます。※2

※1 LIVE配信の場合は、300名まで視聴可能です。質疑応答はできません。
※2 Vidyo roomが設置されている場所限定となります。

Vidyo導入講義室

名古屋大学 

・全学教育棟 S1X C36 S30 ACELab 物理実験室

・経済学部 第2講義室・特別演習室

・工学部 オークマ工作機械工学館

・医学部 第一講義室・5D細胞ダイナミクス研究センター(可動用1台あり)

岐阜大学

・全学教育 1C教室・サテライトキャンパス(岐阜駅前)

・工学部 204教室 ・21番教室・106番教室(2021年9月予定)

・航空宇宙生産技術開発センター セミナー室

お問い合わせ

教養教育院事務室・教務・管理係までお問い合わせ下さい。